ビットコインマイナンバー不要で海外送金・入金出来る仕組み

Sponsored Link

マイナンバーを持たない海外在住者の方にとって、海外送金は大きな問題です。

2016年以降日本の銀行では、海外送金でマイナンバー提出が必要となり

マイナンバーを持たない人は、海外送金を断られるケースが増えています。

そこで今回は、マイナンバー不要で海外送金が可能な

ビットコイン送金方法や、仕組みをご紹介したいと思います。

マイナンバー不要で海外送金

海外在住者を悩ませているマイナンバー制度

何故かと言うと、海外送金の為にはマイナンバーの提示が必要と銀行が増えてきたからです。

海外送金をする為だけに、マイナンバーを取得する事は難しいですよね…?

nayami

出典:frame-illust.com

そんな方でも大丈夫です!

  • 海外在住者でマイナンバーがすぐに取得できない方
  • 急ぎで海外送金が必要となった方

便利なのがマイナンバー不要ビットコインを利用した海外送金です。

まだまだ聞き慣れない方も多いビットコインなのですが

使ってみれば簡単で便利だという声も多く、利用者は世界中で増加しています!

ビットコインとは?

ビットコインとは…?

円やドル以上に利便性が高く、安定して世界中で利用できる

次世代の通貨を目指して作られた、紙幣や硬貨が存在しないインターネット上の仮想の通貨の事。

ビットコインは、2009年に登場したばかりでまだまだ認知度も低く

「新しい決済手段」ということもあり、日本での社会的評価が定まっていません。

bitcoin

出典:2.bp.blogspot.com

しかしながら、政府や中央銀行等の機関を、介すこと無く取引が可能で

ビットコインなら日本の銀行とも関係ないので、マイナンバーも不要です。

ビットコインの単位

実際のお金にも『1円』や『1ドル』と言うような単位があるように

ビットコインの場合は1BTC(1ビットコイン)という単位で数えます。

ビットコインを使えば、個人間、企業を問わずに、物やサービスの購入・利用等の支払いを行う事が出来ます。

ビットコインは、普段私達が使っている通貨や紙幣と同じように使える「お金の一種」だと言えます。

1BTCの価値は?

先程ご説明したように、ビットコインは価格が一定ではありません

その為、価値が変動する事によって、1BTCあたりの値動きが生じます。

1BTC(ビットコイン)あたり…

  • 数万円だったり
  • 高い時には10万円を軽く超えたり

その為、公開株式やFXのようにビットコインを売買する事で収益を上げる事も可能なのです。

価格変動の違いは…?

■株式の場合■
⇒発行元企業の業績等で、価格が変動する

■ビットコインの場合■
⇒ビットコインの需要によって価格が変動する
ビットコインは企業業績等が関係無い為

ビットコインの数には限りがある!

  • 多くの人が価値があると見なす⇒価値ががる
  • 多くの人が価値が無いと見なす⇒価値ががる

ビットコインの発行数は予め決まっており、人々の需要によって1BTCの価値も変動していきます。

みんなでビットコインを管理!

ビットコインは、実際の紙幣や硬貨を必要としない、データの集まりなので、実際のお金を送金するのとは異なります。

ネットワーク上でデータによる取引が可能な為、仲介手数料が安く済むうえに、決済までの時間がとても早く済みます。

ビットコインには、銀行の様な管理運営者は存在せず参加者全員で管理しています。

その為、ビットコインでの送金取引は、ビットコインを扱う会社(取引所)を利用します。

bitcoin1

出典:www.kanekashi.com

ビットコインの海外送金方法(coincheckの手順)

Sponsored Link

  • 1.取引所へアカウント登録

HPへアクセスして【メールアドレス】【パスワード】を入力

主な取引所

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)

登録無料

  • 2.メールを確認

登録メールアドレスに届いた確認メール本文のURLをクリックすると、口座開設が完了!x

  • ビットコインを扱う口座=ウォレット(wallet=財布)
  • ビットコインの口座番号=ビットコインアドレス
    ⇒ビットコインアドレスは、安全な乱数で生成する方法を採用しており、脆弱性の心配がありません!
  • 3.電話番号・本人確認登録

口座が出来ると同時に、海外送金が可能に!
⇒日本円の入金の場合、セキュリティの為に電話番号の登録が必要

尚、この時点では入出金の金額に制限が設けてある状態なので、大きな額の入出金には「本人確認」で制限解除をする必要があります。

  • 4.ビットコインを購入する

ビットコイン購入方法

  1. 口座振り込み:取引所指定の口座に振り込みを行い、ビットコインを購入
  2. クレジットカード支払い:クレジットカードを使用して、ビットコインを購入

以上2種類の購入方法があります。

  • 5.送金する

ビットコインの送金

  • 送金相手のビットコインアドレス
  • 送金相手のメールアドレス

これ等を指定する事によって、ビットコイン送金が可能です。

ビットコインアドレスは、世界中で重複がない為、ダイレクトに相手へ送金が可能です。

隔てる壁も無く、世界中どこでも送りたい相手へ送金ができるのです。

ビットコインは取引の透明性や、盗む事は非常に困難なしっかりとしたセキュリティが魅力の1つです。

ビットコインを使うメリット

自由な決済

いつでもどこでも無制限の支払いと受け取りが可能です。

銀行の休日や国境、支払い制限はありません。

ユーザーが自分のお金を完全にコントロールすることができるのです。

引用:coincheck.com

激安な手数料

ビットコイン支払いは現在、手数料なし。

または非常に低い手数料で処理されております。

引用:coincheck.com

透明性と中立性

ビットコインのマネーサプライ自体に関するすべての情報は、ブロックチェーンにありリアルタイムでだれでもが確認し利用できます。

ビットコイン・プロトコルは暗号学的に安全ですので、それをコントロールし操る個人や団体はいません。

ビットコインの中核が、完全に中立で透明で予測可能なものとして信頼できるのはこのためです。

引用:coincheck.com

実際は…?

金額が口座に反映されるまで

  • 銀行の海外送金⇒約1週間~2週間程
  • ビットコインの海外送金⇒即日

手数料

ビットコイン手数料:1回/約9円

使いやすさと、手数料の安さで、留学費用や給料の支払い等にも、利用範囲が広がっています!!!

まとめ

ビットコインを利用して、マイナンバー不要で海外送金が出来る仕組みや手順をご紹介しました。

ビットコインを扱う取引所(会社)は多数あるので

利用を考えられている方は、用途に合った取引所(会社)を選ばれて下さい。

インターネット上の仮想通貨なので、世界中どこへでも相手のウォレット(口座)へ送金可能な事と、それにかかる手数料も一回につき9円と、とても安いのが魅力でした。

ただ、ビットコインでの送金は、送金相手がビットコインを登録している事が条件となります。

ビットコインや銀行での海外送金、どちらにしても余裕をもって準備されてくださいね^-^

マイナンバーのトラブル事例
マイナンバートラブルに関連した記事も、多数ありますので確認してみて下さいね
マイナンバーカードのトラブルまとめ!大丈夫かマイナンバー・・・
Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)