マイナンバーでダフ屋が消滅!東京オリンピックのチケット取引

Sponsored Link

マイナンバーの利用範囲が広がりを見せる中

2020年に開催される『東京オリンピックチケット取引にて、マイナンバーで本人確認を行う』という提案がされています。

マイナンバーカードを利用する事により、ダフ屋によるチケットの不正転売を出来ないようにする対策です。

国民を管理・監視するからマイナンバーに対して批判的な意見も多い中

今回の取り組みは、一体どのような働きをするのか、見ていきたいと思います。

ダフ屋って何?

ダフ屋とは…

  • 乗車券
  • 入場券
  • 観覧券 etc…

チケット類を転売目的で入手して

  • そのチケットが欲しい人
  • チケットを手に入れる事が出来なかった人

この様な人に対して、元の値段よりも高額な値段で売りさばいて利益を得る「転売屋」の事です。

dahu

出典:www.newsweekjapan.jp

ダフ屋は、どんなチケットを狙う?

人気があったり、多くの人が必要とするチケットが転売行為の対象となります。

  • スポーツの試合
  • 音楽コンサート
  • 展示物
  • 遊具
  • 交通機関の指定席

世の中の人が「欲しい!!」と思うチケットを大量に購入して、転売します。

転売方法は?

  • 会場周辺でチケットを手さばき販売
  • ネットオークションやチケット転売サイトで販売

コンサート会場や、野球試合会場の外で、チケットを片手に売りさばいている人を見かけた事はありませんか…?

「無い人はここにあるよ~」と声かけをしてお客を集め、売買を行っている人が『ダフ屋』と呼ばれる転売屋です。

dahuya

出典:blogimg.goo.ne.jp

しかし、ネット上でその行為が明らかに転売目的だったり、

何度も繰り返させるといった明らかなダフ屋行為だと認められた場合、検挙されたり逮捕される事もあります。

dahu

出典:www.zakzak.co.jp

東京オリンピックに向けたダフ屋対策

Sponsored Link

2020年(平成32年)に開催される東京オリンピックのチケット販売に関して、自民党がマイナンバーカードを活用する事を提案しています。

  1. チケットの取引の際に「ダフ屋行為」を抑止する効果
  2. 東京オリンピックのクリーンな大会だと国外へアピールする効果

マイナンバー活用には、この2つの目的があると考えられます。

  • 自民党が提案したチケット販売方法

自民党は、コンビニ端末で様々なイベントのチケットを発券出来る点に着目。

マイナンバーカードを使用して本人確認を行いながら『東京オリンピックチケット』の発券する事を目指しています。

  1. コンビニのキヨスク端末でチケット選択
  2. マイナンバーカード認証(本人確認)
  3. チケット発券

この様な流れで、オリンピックのチケットを販売する構想のようです。

浸透率に懸念の声も?

国民や職員の行政手続きの際に「便利・役に立つ」と言われるマイナンバーですが、批判的な意見はまだまだ多いです。

また現在のマイナンバーカードの浸透率は、国民の5に留まっています…。

自民党としても、多くの予算を使って始めた『マイナンバー制度』の普及率がこのままと言うわけにはいかないでしょう…。

カード普及率

出典:sharetube.jp

ポイントカード一本化とマイナンバーの関係!詳細内容と問題は?

普及率を上げたい!

自民党が、東京オリンピックのチケット発券に

マイナンバーカードを使う構想を持ち出したのは

チケット転売防止やイベント・コンサートでの本人確認時間の削減に役立ち

国民の趣味・娯楽に深く関係している事とあって、今までマイナンバーカードに関心の無かった人にも絶好のアピールとなるからでしょう。

 

しかし、まだマイナンバー制度への理解不足、それによる漠然とした不安は多くの人が感じており、持ち歩く事での紛失・マイナンバーの流出・悪用などの管理面から慎重な意見もあるのが事実です。

マイナンバーで副業収入が会社にバレる?確定申告との関係は?

マイナンバーカードのチケット利用実験

イベント会場チケットレスサービス

会場入場時、チケットの代わりにマイナンバーカードをかざすだけの『チケットレス』サービス。

マイナンバーカードICチップに搭載されている、公的個人認証サービスを活用した実験も進められています。

実験の目的

  • チケットの不正転売防止
  • 厳格な本人確認を簡単に素早くする事
  • 実用化に向けたメリットデメリットを把握する事

チケットの申し込みの際にマイナンバーカードを使う事によってチケットとマイナンバーを紐づける事が可能になります!

マイナンバーカード本人確認チケット

紙のチケットや本人確認が不要となり、イベント会場(今回の話ではオリンピックの会場)への入場がマイナンバーカード1つで可能となります。

  1. チケットの予約をする際にシリアル番号(電子証明書の発行番号)を登録
  2. 入場時に予約者と入場者が同一人物である事が確認可能
  3. 会場へ入場する際に資格確認端末にマイナンバーカードをタッチ
  4. シリアル番号によって本人確認
  5. 席番レシート印刷端末で会場の席番が印刷
  6. 自分の席番レシートを受け取る

chiket

出典:www.sankei.com

マイナンバーコンビニで住民票をとる方法ややり方は?めんどくさい?簡単?

本人確認にマイナンバー(個人番号)を使うの?

「マイナンバー(個人番号)」は使用しません!

「利用者証明用電子証明書」を使用します!

12ケタの個人番号は「税」「社会保障」「災害対策」以外には利用してはならないと法令で厳しく定められています。

その為、チケット発行にはマイナンバーカードのICチップに搭載されている「利用者証明用電子証明」を使用します。

利用者証明用電子証明書とは…?

インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末にログインする際に

「ログインした者が利用者本人であること」を証明出来る機能です。

koutekikojinninsho

出典:www.city.suginami.tokyo.jp

マイナンバーカードで住民票がコンビニ発行に?セブンやローソンは?

スマホでの利用も検討中!

  • マイナンバーカード表面:個人情報
  • マイナンバーカード裏面:12ケタの個人番号

これ等の重要な情報が、マイナンバーカードには記載されています。

他人から見られたり、紛失する恐れもあることから、基本的に持ち歩きをせずに、自宅で管理する事が勧められています。

そこで政府は、観客がスマホをかざすだけでチケットの購入・入場ができるように

マイナンバーカードの電子証明書をスマホのSIMカードにも移す

事が希望者は出来るように、東京オリンピックまでに法整備を進める方針です。

まとめ

東京オリンピックを会場で競技観戦したいと考える方には、耳寄りな情報ですね?

チケット管理にマイナンバーカードが必要かどうかは、利用する本人がメリット・デメリットをよく考えて見極めて下さい。

信用できない、今まで通りでいい、といった人は無理にマイナンバーカードでチケットをとる必要もないと思いますが‥。

東京オリンピックが近づくと、マイナンバーカードを申請しても

混み合って、観戦チケット申し込みに間に合わない事も予想されます。

会場でオリンピック観戦を希望している人は余裕をもってお考え下さい。

マイナンバーのトラブル事例
マイナンバートラブルに関連した記事も、多数ありますので確認してみて下さいね
マイナンバーカードのトラブルまとめ!大丈夫かマイナンバー・・・
Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)