ポイントカード一本化とマイナンバーの関係!詳細内容と問題は?

Sponsored Link

マイナンバーカード(個人番号カード)に

ポイントカード一本化を検討するとして総務省が発表を出しました

個人番号カードにポイントカード機能を付帯するとは…

それだけ、個人番号カードの申請が少ないのだろうか?と感じてしまいます

ポイントカードを一本化とは具体的にどのような事でしょうか?

ポイントカードを一本化する事にどのような目的があるのでしょうか?

ポイントカード一本化

総務省は各種ポイントカードをマイナンバーカード(個人番号カード)に

一本化出来ないか検討を始める事にしたようです

総務省の「仕事始め式」にて高市総務相が指示した事です

内容は?

 

ポイントカード発行企業や団体を結ぶシステムを立ち上げ

各種ポイントカードマイナンバーカード一本化するといった内容

一体化予定のカードとは?

・民間企業発行ポイントカード

・商店街カード

・図書館カード

・銀行カード

・クレジットカード

・診察券

・健康保険証

・運転免許証

ポイントカードのメリットは?

企業側

企業のポイントカードによるメリットは…

 

・利用者の囲い込み

・来店促進

・客単価アップ

・顧客満足度対策

・競合店対策

・優良顧客の選別

・顧客属性の把握

顧客の個人情報入手

総務省側

総務省のポイントカード一本化によるメリットは…

マイナンバーカードがどうにかこうにか普及する事

政府も必死です…

総務省は現在、民間企業が発行しているポイントカードの主流が

「紙カード」もしくは「磁気カード」である事に着目しており

「ポイントカードを磁気カードからICチップ入りカードに移すための膨大な投資を行わずにすむ」

という企業側にもメリットがある事を強調しています

考えられる問題点

Sponsored Link

・商店街のポイントカードや民間企業が発行するポイントカードをICチップ入りにする必要はあるのか?

・今までのポイントカードがICチップカードになる事で、新たにICチップリーダーが必要になる為、経費は掛かる

・ポイントカード一本化にする事で、企業側が必要とするポイントカードのメリットの多くが消える恐れ

・マイナンバーカードを持っている人持っていない人二つのサービスやカードを用意する必要性が出る

・個人番号が記載された「マイナンバーカード」を頻繁に出す事で個人情報(マイナンバー)流出の恐れ

マイナンバーカード紛失増加

政府が描くマイナンバーカードの未来図

2016年

1月

国家公務員身分証

公的個人認証の民間開放

2017年

1月

マイポータル運用開始

国機関の情報連携

3月末

マイナンバーカード(個人番号カード)1000万枚発行

4月

ICチップの民間開放

4月以降

マイナンバーカードと民間ポイントカード一体化

民間企業の社員証

7月

国・地方公共団体等を通じた情報連携開始

2018年

1月

預金口座への任意の紐付け開始

4月

マイナンバーカードと健康保険証の一体化

法施行後3年をめどに戸籍・旅券事務等に利用範囲拡大を検討

マイナンバーカードと運転免許証の一体化

マイナンバーカードをスマホにダウンロードして代用できるように

2019年

3月末

マイナンバーカード(個人番号カード)8700万枚発行

2020年

生体認証システム

マイナンバーカード(個人番号カード)もスマホも持たずに

あらかじめ登録している生体情報で代用可能

7.8月

生体認証システムでオリンピック会場入場規制

まとめ

まだマイナンバー制度が始まったばかりで、実用化されてもいない状況で

未来図ばかりが膨らんで、後になってやはり実用化出来ませんでした、では話になりません

一番苦労するのは、振り回される国民です

今後のマイナンバーカード(個人番号カード)の発展は、民間企業の参入です

どれ程の企業が、マイナンバーカードにメリットを見出せるのかが鍵となりますね…

マイナンバー制度に関して、市区町村や企業の「当面は様子見」という体制を

政府がどのように変えていけるのか、見ものです

マイナンバーのトラブル事例
マイナンバートラブルに関連した記事も、多数ありますので確認してみて下さいね
マイナンバーカードのトラブルまとめ!大丈夫かマイナンバー・・・
Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)