~総務省令で定めるチェックディジットの算式~

第五条令第八条の総務省令で定める算式は、次に掲げる算式とする。
算式
11―(n=1(シグマ)11(Pn×Qn))を11で除した余り)
ただし、(n=1(シグマ)11(Pn×Qn))を11で除した余り≦1の場合は、0とする。
算式の符号
Pn個人番号を構成する検査用数字以外の十一桁の番号の最下位の桁を1桁目としたときのn桁目の数字
Qn1≦n≦6のときn+17≦n≦11のときn―5

引用元:law.e-gov.go.jp


コメントは受け付けていません。