マイナンバーで副業収入が会社にバレる?確定申告との関係は?

Sponsored Link

マイナンバー制度が始まり、色んなマイナンバーに対する疑問が飛び交っていますね

その中でも多いのが、マイナンバー制度によって副業収入会社にバレるのか?

マイナンバー制度によって収入額がバレるのか?という疑問です

色んな憶測があるようですが、実際のところはどうなのでしょうか?

マイナンバーの講習に出て確認してみました!確定申告との関係はどうなんでしょうか

副業副収入って大切ですもんね

マイナンバーを利用する場面とは?

以下の手続きに平成28年1月以降より、マイナンバーの記載を求められる事となるようです

そして、行政機関等がどのような場面でマイナンバーを利用するかについては、

法律や条例で定められており、それ以外に利用することは禁止されています

個人の場合

年金

雇用保険

医療保険

生活保護

児童手当

福祉の給付

確定申告所

個人以外の場合

会社(税金・保健の手続き等)

証券会社

保険会社

金融機関

マイナンバー制度で副業などの副収入がばれるのかどうか検証データ画像
出展:www.cas.go.jp

事業主(会社)のマイナンバー利用制限は?

本人へ提供を求める場合

社会保障・税に関する手続き書類の作成事務を行う場合に限る

他への提供の場合

社会保障・税・災害対策に関する特定の事務の為に

行政機関・健康保険組合への提供に限る

マイナンバー制度が会社でどのように扱われるかの画像
出展:/www.city.urayasu.lg.jp

銀行預金で副業の収入がバレる?

あらゆる手続きの際、免許証や保険証等の身分証明書で行っていた「身元確認」ですが

これから先は、マイナンバーの提示も要求されるようになるでしょう

今後は、金融機関でもマイナンバー制度が導入される予定です

当然、マイナンバーを提出するわけですから、マイナンバーでの情報管理となり

金融機関同士のマイナンバーによる情報共有も可能になってくるのではないでしょうか?

国の行政機関より、金融機関へ特定の個人照会を依頼された時は、マイナンバーで繋げられた

情報提供が出来る状態でしょうから、個人の資産や所得や税金や給料等の財産情報も掴めるわけです

副業が会社にバレるの?

Sponsored Link

マイナンバー制度が始まったからと言って、副業が会社にバレる事はありません

会社がマイナンバーを利用するのは、税務署への申告や、ハローワーク年金事務所

健康保険組合などの手続きの際に、書類にあなたのマイナンバーを記載して提出するだけです

ただ前に書いたように、これから先マイナンバーで調べる事が可能な情報が広がっていきます

今の所、マイナンバー利用制限があるので、会社があなたの副業や副収入等を確認する事は出来ませんが

今後は、どのようなマイナンバー利用制度が出来るかわからないので、常に意識していく必要はありますね

確定申告をしっかり!

マイナンバー制度が無くても、副業がバレる人はバレます

副業をしている方ならお判りでしょうが、副業で得た収入の住民税納付を給与から天引きにせずに、

副業の確定申告を行う際に「自分で納付(普通徴収)」にすると、会社に副業がわかる事が防げます

しかし、副業の所得が給与所得である場合は、住民税納付を「普通徴収」に選択したとしても、

本業の給与所得と合算されて、本業の会社へ報告されてしまう恐れがあります

あなたの副業の所得が「給与所得」「雑所得」なのか確認しましょう

まとめ

マイナンバー制度が始まったからと言って、副業が本業の会社へバレる事はありません!

ただ、今まで確定申告をしていなかったり、誤魔化していた方などは、今後は確実にバレるようになりそうですね

副業をしている方は、しっかりと自分の副業による所得を確認して、確定申告をしっかりとしましょう

どんどん、仕事が増えて、給料が減っていくご時世…副業による収入は大切です!!!副業を辞めるハメにならないように

マイナンバーのトラブル事例
マイナンバートラブルに関連した記事も、多数ありますので確認してみて下さいね
マイナンバーカードのトラブルまとめ!大丈夫かマイナンバー・・・
Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)