マイナンバー制度の3つのメリット!住民票が取りやすくなる?

Sponsored Link

マイナンバー制度がスタートした事によって国民生活の利便性が上がると言われています

マイナンバー制度でどれ程、利便性が上がるのでしょうか?

住民票が取りやすくなるの?

また、マイナンバーは具体的にどのような場面で利用されるのでしょうか?

マイナンバー制度のメリットを改めて見てみましょう

マイナンバーのメリットは?

1.最大のメリットは行政への手続きが簡略化される事

今までは…「縦割り行政」

一つの行政サービスを受ける際、サービスを受けたい役所へ提出する書類等を

別の役所や機関へ足を運びその役所や機関が独自の番号で管理している必要書類を集める事が必要でした

住民票→住民登録番号

年金→年金番号

健康保険→保険者番号

税金→整理番号

現在の行政しくみ

出典:biz.moneyforward.com

これからは「統一行政」

社会保障や税の分野の番号が「マイナンバー(個人番号)」で統一される事により

役所間の情報共有が容易になり、役所が必要な情報を確認出来るようになります

わざわざ他の役所へ必要書類を取りに行かなくとも、行政サービスの手続きを行えるようになります

住民票、年金、健康保険、税金

マイナンバー(個人番号)で統一

今後の行政仕組み

出典:biz.moneyforward.com

2.マイナポータルを利用出来る事

Sponsored Link

マイナポータルでは、自分の「特定個人情報」が

どう保管されどう利用されているかを閲覧する事が出来ます

マイナポータルのシステムは個人情報管理は大丈夫?〇〇を自費で用意?

情報提供等記録開示システム

出典:itpro.nikkeibp.co.jp

3.災害時に効力発揮

被災者の生活再建支援等にマイナンバーを統一して使用する事で

「支援漏れ」「なりすましの重複支援」が防げます

災害時

データベースの顔写真と照合する事で正確な本人確認も可能になります

避難所などで人数、性別、年齢、住所をより正確に収集する出来るようになると

安否確認や行方不明者の把握にも繋がります

まとめ

以上のマイナンバー制度の3つのメリットは

そのほとんどが「個人番号カード」を持っている人に限られる場合があります

言ってみれば、マイナンバー制度は「個人番号カード」ありきの制度と言っても過言ではないでしょう…

「個人番号カード」を持っていなくても、利便性がある制度にして欲しいですね

マイナンバーのトラブル事例
マイナンバートラブルに関連した記事も、多数ありますので確認してみて下さいね
マイナンバーカードのトラブルまとめ!大丈夫かマイナンバー・・・
Sponsored Link

いつもありがとうございます。
FBなどで共有お願いします


コメントを残す

英語のみの投稿は制限させて頂いております。(いたずら対策)